月別アーカイブ: 2015年10月

債権回収業務

債権回収業務とは、債権の種類にはいろいろあります。例えば、貸したお金が返ってこない・返してくれない、商品を引き渡したのにその代金を払ってもらえない、飲食断金のつけを払わない、約束してある慰謝料が払われていないなど、さまざまな種類の債権があります。
それぞれに原因となる契約(約束)があるのです。

債権回収業務とは、その契約を守ってもらうために権利を主張することをいいます。ただし、適切な方法をとらないばかりに債権回収ができないばかりか、権利を主張することができなくなることだってあります。

そのような自体を回避するためには、適切な方法で権利を主張する必要があるのあです。

当たり前の事なのですが、債務者の支払い意思がなければ債権回収は困難です。また、支払う意思があったとしても、支払い能力がなければ債権回収は難しいです。

支払う意思がない人にはいかにして支払う気にさせるかが問題となりますよね。支払い能力のない人には、これから支払い能力を作らせることはできないのかということが問題となってきます。

この支払い意思と支払い能力が債権回収業務の大きな要素で、この要素は常に一定ではなく変動しているそうです。
ですから、債権者側の債権回収の手法は状況に応じて変化しなければならないということです。債権者側が硬直した状態では、上策とは言えないですね。

この債権回収にも時効があるようで・・・債権者に権利を行使せずに一定期間が経過するとその権利がもはや消滅してしまうという制度。
ただし、一定期間を経過しても当然に消滅するのではなく債権者が時効の利益を受けると主張しなければ権利の消滅はありません。
一定期間というのは債権の種類によってことなるのでネットで調べてみてくださいね。
このように、借金があるのに返済をしていなくて債権回収なんかをされる人でもまたお金を借りることができるのか・・・

そういった滞納や延滞している人へ書いてくれているサイトがあったので読んでみてくださいね。

↓ ↓ ↓
延滞中・滞納中でも借りれる所※消費者金融で借り入れできるのか?