子供の教育費が、最大の負担

主婦がお金に困るのは、子供の教育費です。

自分のことだとよほどのことが無ければ我慢できるお母さん。でも我が子になると愛情が大きく、一つ間違えばモンスターペアレンツと呼ばれるほどの強い想いがあります。
その愛すべき子供のことになると、必死さが変わるのです。

少々無理をしてでも子供の為に何かをしてあげたい。それが教育という方向が定まると、かなり費用が掛ってしまいます。
※お困りの方はこちら<主婦でも借りれる

まずは習い事です。私たちが子供だったころの20年以上の昔の話とは大きくことなり、子供たちは忙しいのです。
それは毎日のように習い事が入ってるのです。
書道や水泳、ピアノや体操など、社会にもお金をとれるビジネスだと広まっているので、子供たちの周辺にはスクールや教室などが星の数ほどあります。
加えて友達が行くとなると、一緒に行きたい、いかなければ遊ぶ友達がいない、結局行ってしまうのです。

学年が上がると合宿や遠征、県大会などもあって、それに伴う特別な出費や交通費も必要になります。
もちろん親も応援に行くのでここでもお金がかかる。
終わった後の懇親会や交流会では、お友達のことや勉強のことなど様々な情報交換の場になるのでぜひとも参加したいですし、道具や設備にもどんどんかかる費用は上がっていくのです。

加えて塾です。私立の小学校や中学校に入学させるためには、かならず塾に通わせることが必要です。
日々学校が終わってからの塾への送迎、そして授業料でもかなりの金額が求められます。
また、夏休みや春休みなどの長期休みは、塾が休みにはなりません。逆に特別講習や短期講習などの追加授業があり、いつもの授業料よりも高いのです。

しかも受講しなければ我が子だけが取り残される恐怖感もあります。
テストも毎週のようにあるので、成績が悪いともっと勉強させなければという強迫観念にも襲われ、どんどんと塾の費用もあがります。

そして私立の中学、小学に入ってしまうと、もちろん公立よりも授業料が高いので、毎月の出費が固定費として上がるのです。
そうして子供にかける教育費がどんどんと高くなり、家計を圧迫してお金に困るのです。

教育費にはきりがありません。かけようと思えばいくらでもあるし、どれも魅力的でつい子供にさせたいものがたくさんでてきます。
それを1つ1つ調べて、先生はいい先生かどうか、環境はどうだろうか、来ているお友達の雰囲気はどうか、成績は上がるのか、など比べながら子供にとってプラスになる習い事をつい見つけてしまうのです。

将来を見据えて・・・

夫婦二人の一ヶ月の生活費ですが、家賃六万八千円、光熱費二万円、食費五万円、携帯代二万、保険代1万五千円、タバコ代一万円、車のローン三万円、ガソリン代一万五千円、日用品五千円です。
貯金にまわせるのは三万円くらいだと思います。

旦那と私、二人ともお小遣いというものがなく、欲しいものがあるときは、お互いに聞いて買っている状態です。
本当は、お互いにお小遣いがある状態で好きな時に欲しいものが買えたら本当に素晴らしいと思います。
それが、貯金にまわせるお金も少しなので、制限がかかってしまいます。

夫婦でもっと旅行に行ったり、ショッピングを楽しんだりしたいと思っていて、我慢をして生活しています。
家賃の低いところに移動できれば、本当は楽になるかとは思いますが、やはり、狭いところや、古びた所などには住みたいと感じられず、私の地域ではやや低めの家賃のアパートで暮らしています。
食費は、私も仕事をしているため、疲れて帰ってきた時に作る気になれず、お惣菜を買ってくることが増えて、食費が増えている状態です。食費をもう少し減らせるように、料理を頑張りたいと思います。

給料がもし上がったら、温泉旅行に行ってみたいです。日頃の疲れを温泉に入ってゆっくり癒したいです。
生活費が足りない時ももちろんあります。帰省などをしたときに、お土産代や新幹線代などがかさみ、足りなくなります。
そういうときは、私の独身時代の頃の貯金をおろすか、夫婦の貯金を使います。
旦那自身の貯金も、私自身の貯金も、残りわずかなので、あまり使わないように気をつけていますが、やはり、足りない時は仕方ないと思います。

もっとお金を増やす方法として、私がたまに派遣で働くようにしています。他にもネットでの副業などで、ちまちまとお小遣いを稼ぎ、足りない時はそこから、使うようにしています。
旦那にももっと給料が上がるようがんばって欲しいので、ストレス解消のためのタバコは許しています。

これから先、こどもが出来て保育園に通わせて、学校に塾に、大学に・・・とどんどん教育費はかかります。
子供は最低二人は欲しいですし、習い事もさせてあげたいです。
保育園に通うのだってお金がかかります。途中で払えなくなって退園せざるをえない・・・という状況になったら子供にかわいそうな思いをさせてしまいます。
※参考サイト・・・保育料払えない
自治体にもがんばってほしいものです。

将来を見据えて夫婦二人で、もっと稼いで楽しく過ごせるように暮らしていきたいと思います。

私がお金に困った事と解決策

私は派遣の仕事をしている30代です。

派遣という仕事には少し困ったことがありまして、いつどのくらい仕事が来るのかが分からない不規則な仕事ですので、掛け持ちもあまりできず、仕事がない日が結構ある月もあり、大変な部分もありますが、飽き性な私には色々な場所に行ける派遣の仕事が気に入って今まで5年ほどこの仕事をやっています。

仕事がない日は当然、お給料は貰えませんので、なので、沢山仕事をした月は沢山お給料を貰えるのでいいのですが、仕事が入ってこず、全然貰えない月もあったりして波がある仕事のため、今月は幾ら貰えるかなどが把握しきれず、しかも週払いや月末締めのよく月払いなど会社によって、色々なお給料の払い方があったので、生活費がなかなか上手く計算できない事が多々ありました。

生きていくためには衣食住や携帯の費用、保険その他諸々が必要なのは分かりきっていたはずなのに私は何とかなるだろうと友達と遊んだり、外食、高い買い物を何も考えずにしてしまい、遊びや出費の費用はクレジットカードで支払っていたため、カードを使いすぎた月にはカードの引き落としができていないことがありました。

引き落としできなければカードを止められてしまう、そう思った私は、他のクレジットカードでお金を借りて引き落としをできるようにしようと思いました。

クレジットカード支払えない

なぜ、その方法にしたかというと、他のアルバイトをしたお金で払おうと思ったのですが、派遣のためなかなか日付を決めれることはできないず、それなら他の派遣会社に登録すればいいと思ったんですが、どこも雇いたい日がかぶる事が多く、結局仕事ができずに辞めてしまいました。

あと、親や知り合いに借りる何てこともできず、後々大変な事になるのは承知の上でしたが、なんとか自分だけでお金を集める方法にしようと悩んだ末、仕方なく他のカードでお金を借りることにしたのです。

そして引き落としも完了し、ひと安心し、他のカードの返済の分を考えて次はお金に余裕を持たせるように、生活費は最低限にして、節約していきたいです。

出来る限りクレジットカードを使わずに生活ができるように見直さないといけないなと思います。

債権回収業務

債権回収業務とは、債権の種類にはいろいろあります。例えば、貸したお金が返ってこない・返してくれない、商品を引き渡したのにその代金を払ってもらえない、飲食断金のつけを払わない、約束してある慰謝料が払われていないなど、さまざまな種類の債権があります。
それぞれに原因となる契約(約束)があるのです。

債権回収業務とは、その契約を守ってもらうために権利を主張することをいいます。ただし、適切な方法をとらないばかりに債権回収ができないばかりか、権利を主張することができなくなることだってあります。

そのような自体を回避するためには、適切な方法で権利を主張する必要があるのあです。

当たり前の事なのですが、債務者の支払い意思がなければ債権回収は困難です。また、支払う意思があったとしても、支払い能力がなければ債権回収は難しいです。

支払う意思がない人にはいかにして支払う気にさせるかが問題となりますよね。支払い能力のない人には、これから支払い能力を作らせることはできないのかということが問題となってきます。

この支払い意思と支払い能力が債権回収業務の大きな要素で、この要素は常に一定ではなく変動しているそうです。
ですから、債権者側の債権回収の手法は状況に応じて変化しなければならないということです。債権者側が硬直した状態では、上策とは言えないですね。

この債権回収にも時効があるようで・・・債権者に権利を行使せずに一定期間が経過するとその権利がもはや消滅してしまうという制度。
ただし、一定期間を経過しても当然に消滅するのではなく債権者が時効の利益を受けると主張しなければ権利の消滅はありません。
一定期間というのは債権の種類によってことなるのでネットで調べてみてくださいね。
このように、借金があるのに返済をしていなくて債権回収なんかをされる人でもまたお金を借りることができるのか・・・

そういった滞納や延滞している人へ書いてくれているサイトがあったので読んでみてくださいね。

↓ ↓ ↓
延滞中・滞納中でも借りれる所※消費者金融で借り入れできるのか?

 

 

借金までしているパチンコ・パチスロがやめられない。

実はギャンブル、特にパチンコ・パチスロがやめられません。
少しでもお金ができるとすぐにパチンコ屋に行ってしまいます。

最近は低貸し出しのお店も増えてきたということもあって1万円以下
であっても遊べるため、すぐに行ってしまうんですね。

頭の中では「やめたい、やめたい」と思いながらも気が付いたら
パチンコ屋に足が向いてしまいます。
どうしたらやめられるんでしょうか。

以前にもやめようと何か月間我慢したんですが、
我慢できずにパチンコ屋に行ったら再びのめりこんでしまいました。

これが原因で借金もしてしまったし、飲み会などの付き合いが
お金がないため行くことができません。

お金が無くなったその日に借りれる所があってそういった金融でお金を借りていました。

今日中にお金を借りることができるところ・・・http://xn--r9j2cd5541aowas2dz08d.com/

自分の中では今もらっているお金が不満を持っているため、
余裕を持ちたいと思って増やそうとして、一時は増えたりもするんですが、
結局は負けてしまいお金が無くなってしまいます。

やめようと思っているんですが、家の近くにパチンコ屋があるため目が入ってしまいます。
目が入ってしまうとお金があると寄ってしまいます。
なので、看板とかはなるべく見ないようにしています。

また、動画サイトでもパチンコ・パチスロ関係の映像が
あって、それを見てしまうと自分でも出るんじゃないかって
思ってしまうんで、人は人、自分は自分って思うようにしています。
でも、その動画を見ないようにしなければならないですね(笑)

あとは、コンビニとかで見かけるパチンコ・パチスロ関係の本を
見ないようにしています。
また、地元のテレビ局ではパチンコ・パチスロ関係の番組もやっているので
それも見ないようにしています。

今現在、お金がないんで本当に苦しいです。
パチンコさえやらなければ普通の生活をしていたと思います。
普通に友達とお酒を飲みに行き、普通に買い物をしたり、
彼女とデートをしていると思うと本当にパチンコ・パチスロが
憎いです。この世から無くなってほしいと思っています。

最近の台はアニメや実在の人などをモチーフにした台があって
パチンコ・パチスロに誘い込もうとしています。
自分も好きなアニメもあったりするので、
パチンコ・パチスロ台になるのはひかれるのはわかります。

本当に日本からパチンコ・パチスロをなくしてほしいと思います。
代わりに公認カジノを日本に置いたほうが逆にいいかと思います。

とにかく今すぐにでもパチンコとスロットをやめたいです!!

 

 

0歳から3歳までの我が家の教育費用

我が子は生後9ヶ月の時から幼児用通信教育を利用しました。年間一括支払いで2万円程かかります。

最初は何がなんだか分からない様子で、DVDも余り見ることがなく、解約を考えましたが、3歳になった今はしっかりと役にたっており、付いてくるオモチャやDVDなどを考えても大きな出費ではないと思っています。

また、2歳4ヶ月から3歳未満児クラスの幼稚園へ通い始めました。入学金が5万円かかりました。その他、教材費や制服代など3万円ほどかかりました。

お弁当箱や水筒、コップ、袋などのランチグッズや、白の下着や靴下等の個人準備品も結構お金がかかり、1万円以上になりました。

月々の納入金はバス代と給食費を含めて38000円です。この他に夏場と冬場は光熱費がシーズンで3000円加算されます。

幼稚園では他にも定期的に写真代が1枚100円からかかってきたり、自宅で読む用の絵本代が1ヶ月2000円かかってきたりと思わぬ出費が多くあります。

初めての冬を経験しますが、先日はお昼寝用の毛布を持参するように指示があり、急な準備に驚かされたりします。

更に、幼稚園では、小学校受験コースが設定されており、受験を考える子供は未満児クラスからの希望を出す必要があります。

これには週に2回の英語教室と受験勉強コースが自動的に割り当てられ、月に1万円程追加の納金が必要になります。

この他に、サッカー教室へ通わせたいと思い調べたところ、幼稚園でのサッカー教室が月々4500円で週に1回のコースがありました。

早期幼児教育のための講習会へ参加したり、同じ幼稚園のお母様方から情報を得たりしながら、市のボランティア運動による絵本の読み聞かせのイベントやサッカーイベントなどに参加をすることで経費を抑えるようになりました。